電力自由化に対しての不安

今年の4月から電力が自由になり、電力事業に参入する企業が何かと宣伝していますが、私のところにはまだなにも届いていません。なにが徳なのかよくわからないのです。私は都市ガスを使用していますが、そのガス会社が電力事業に参入するようですが、それによるとガスと電気を同じ会社を利用するならば、電気料金を割り引くとのことです。ただ私のところにはその説明書は届いていないのです。
電力自由化12
私は関東地方に住んでいますが、関東地方には何社か電力事業に参入しているようです。その事業者はなにが特典なのかよくわからないのです。また環境問題に感心のある人は、再生可能なエネルギーでの発電をする事業書の電気を契約したのでしょうが、再生エネルギーでの発電を宣伝してはいけないとのことで、発電の内容がわからないという心配があります。  

 

また送電設備(電柱、電線)は既存の電力会社のもので、何らかの事情で停電になったらどうなのかという心配があります。ただこの点は既存の電力会社が責任を持って電気を送るとのことです。
私は、経済専門誌に「電力自由化は何が徳か」という記事を読んだことがあります。それによると電力自由化をしたイギリスの例が書いてありまいた。イギリスでは電力自由化をして何年かは電気料金が安くなったが、しばらくすると電力の寡占化がすすみ、かえって電気料金が高くなったとのことです。日本でもそうなる心配があります。また人口の少ない地方では電力事業に参入してくる企業はあまりなく、今までどおりの電力会社の電気の供給を受け、電力自由化の恩恵をうけないのではとのことも書いてありました。
電力自由化11
私はそれほど、電力自由化のことについてわからないのですが、果たして電力自由化で電気料金が安くなるのか、また環境にやさしい発電が今後伸びていくのかという心配があります。また電力自由化が進んで、かえって元の地域独占の電力会社の体制になってしまうかという心配もあります。