何で自由化になったのでしょうか、それがわからなくなりました

電力自由化15
電力の自由化を受けて、もしかしたら月々の電気代が安くなるかもしれないという触れ込みを見て、オンラインでシミュレーションをしてみました。
これまで当たり前のように契約していた電力会社の明細を手に、そこに書かれている数字をシミュレーションサイトで打ちこんでいきました。そうすると、結局安くなるというよりは、携帯電話とセットで契約するとキャッシュバックされますよという答えが出てきました。
この時点で、さっぱりわからなくなりました。

 

電力の自由化はいったい何のために行われるのでしょうか?もし、規制緩和のひとつで消費者へ安価な電力を供給できるようにするのであれば、いまの電力会社が安くしてくれているはずなので、それは目的ではないと思います。
原発事故を受けて、クリーンな電力を選びたいということで選べる権利を与えてくれたなら、それもまた一つだと思いますが、いまのところ私はクリーン電力には辿り着けていません。

 

とどのつまり、この電力自由化は、大手企業や携帯電話会社のような、資本の大きな組織が得していく仕組みに見えて仕方がありません。
目先の利益で消費者が安い電力を選んでいく裏には、セットでの契約があるため、売れるところは決まっているように思います。
お金ありきではなくて、本当にクリーン電力を増やしていきたいなら、それを選べるようになるシステムに変更してほしいし、とにかく窓口を一本化してほしいですね。今の仕組みでは本当に考えている人しかわからないのではないでしょうか。
電力自由化16
あっちもこっちも、電力自由化をビジネスチャンスだとばかりにしのぎをけずっているのでしょうけれど、大手のような広告費を払える会社しか宣伝できていないと思います。
消費者の側も、何を求めて自由化していくのか、目先の利益や安くなることだけを考えるのではなくて、何で自由化になったのかということを考える必要もあると思います。